五臓の主な働きと病気の伝わり方

 上の図は,中医学(中国伝統医学)の臓象学説に基づき,臓腑間の生理関係と病理の相互影響を理論的に説明したものです。この図を用いてすべての病気を説明することはできませんが,基礎的な考え方の一つとしては一定の意義があります。また,臓象学説は中医学の根幹を成すものであり,中医学が西洋医学と考え方を異にする最も特徴ある部分、重要な部分であると言えます。
※「臓腑」は,中医学ではその“働き”で分類します。西洋医学のように臓器・器官など物質的な分類とは異なるため,理解する上で注意が必要です。

※ 図上で右ボタンをクリックするとメニューが表示されますので,拡大してご覧下さい。

Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
 ホームへ戻る