漢方医学の原点

 「日本漢方」や「漢方医学」という名称の由来は諸説ありますが,およそ明治維新の時代に海外の文化が大量に本邦へと入り込み,医学の方面では他と区別する目的で,それ以前の日本の伝統医学を漢方と呼ぶようになりました。私個人は,漢の時代に伝えられた薬方を使用して治療を行う医術と認識しています。

 そもそも生まれは紀元前の中国ですが,中国の大陸とは様々な面で異なる気候、風土、文化の中で育てられてきた医学ですので,日本の伝統医学と言えるでしょう。

 中国の伝統医学は中医学(TCM:Traditional Cinese Medicine)と省略して呼ばれています。

 この中医学は大まかに現代中医学と古典中医学とに分けられ,それぞれ原点が異なります。

 古典中医学は,私も専ら学び続けている医学ですが,日本の漢方医学と共通する部分が多く,疾医学(しついがく:専ら疾病を治療する医学)が中心となっておりまして,《傷寒卒病論》(《傷寒論》と《金匱要略方論》を合わせた経典)がその拠り所となっています。本来は最初に学ぶべき経典なのですが,古文で書かれており難解な部分が多く解釈も人によって異なるため,そのうち億劫になって後回しにされたり,有名な人の評価を鵜呑みにして知ったかぶりになりがちといった残念な部分もあります。ただ,疾医を志すからには必ず関わってくる大切な経典ですので,やはり研究しなければ漢方を語ることすらできないでしょう。歴代の中医師や漢方医は皆例外なくこれを学んだはずだからです。

 現代中医学は,文化大革命の頃に毛沢東(当時の主席)の指導の下,「中医学は宝庫であるから,これを絶やしてはいけない」とのことで,大規模な再編成がなされました。こちらは疾病の投薬治療についてほとんど記されていない経典《黄帝内経》が基礎となっておりまして,養生医(ようじょうい:日常の養生や病気を予防する医学)が中心となっているのですが,古代(天動説の時代)の自然哲学的な理論が元となる治療法を過分に付け加え、西洋医学を意識して無理に対比させたり結合させたり、《傷寒卒病論》を部分的に引用するに留めたり、、、説明するにもやや混乱するくらい歪な形になっています。ただ,現状では多くの中医師を育成するためには仕方のないようにも思えます(古典中医学では試験問題が作りにくいことも理由の一つであると考えるからです)。

※「経典」は,宗教のもの(きょうてん)と分けるため,医学では“けいてん”と読みます。
※中医学には鍼、灸、気功、、、なども含まれますが,ここでは省略しています。

 私が古典中医学を学び始めた頃,その気持ちを後押ししてくれた中の一つに《傷寒卒病論》の序文があります。以下に掲載しますので,宜しければ御一読下さい。

《傷寒卒病論》序(張仲景原序)

【原文】
 論曰:餘毎覧越人入之診,望齊侯之色,未嘗不慨然歎其才秀也。怪當今居世之士,曾不留~醫藥,焔方術,上以療君親之疾,下以救貧賤之厄,中以保身長全,以養其生。但競逐榮勢,企踵權豪,孜孜汲汲,惟名利是務;崇飾其末,忽棄其本,華其外而悴其内。皮之不存,毛將安附焉?卒然遭邪風之氣,嬰非常之疾,患及禍至,而方震栗;降志屈節,欽望巫祝,告窮歸天,束手受敗。賚百年之壽命,持至貴之重器,委付凡醫,恣其所措。咄嗟嗚呼!厥身已斃,~明消滅,變爲異物,幽潛重泉,徒爲啼泣。痛夫!舉世昏迷,莫能覺悟,不惜其命,若是輕生,彼何榮勢之云哉?而進不能愛人知人,退不能愛身知己,遇災値禍,身居厄地;蒙蒙昧昧,惷若游魂。哀乎!趨世之士,馳競浮華,不固根本,忘躯徇物,危若氷谷,至於是也!
 餘宗族素多,向餘二百,建安紀年以來,猶未十稔,其死亡者,三分有二,傷寒十居其七。感往昔之淪喪,傷横夭之莫救,乃勤求古訓,博采衆方,撰用《素問》、《九巻》、《八十一難》、《陰陽大論》、《胎臚藥録》,並平脈辨證,爲《傷寒雑病論》合十六巻。雖未能盡愈諸病,庶可以見病知源。若能尋餘所集,思過半矣。
 夫天布五行,以運萬類,人稟五常,以有五藏;經絡府兪,陰陽會通;玄冥幽微,變化難極。自非才高識妙,豈能探其理致哉!上古有~農、黄帝、岐伯、伯高、雷公、少兪、少師、仲文,中世有長桑、扁鵲,漢有公乘陽慶及倉公。下此以往,未之聞也。觀今之醫,不念思求經旨,以演其所知;各承家技,始終順舊。省疾問病,務在口給,相對斯須,便處湯藥。按寸不及尺,握手不及足;人迎、趺陽,三部不參;動數發息,不滿五十。短期未知決診,九侯曾無髣髴;明堂闕庭,盡不見察,所謂窺管而已。夫欲視死別生,實爲難矣。
 孔子云:生而知之者上,學則亞之。多聞博識,知之次也。餘宿尚方術,請事斯語。


【現代日本語訳】
@「えつ人(名医扁鵲へんじゃくの別名)がかくの国を訪れた時,偶然にも太子が死んだと嘆き悲しむのを見て,まだ本当に死んではいないと手当をし蘇生させたことがある。またさいの国に滞在中,桓公かんこうの顔色を望見しただけで病の所在を診断し,,,」《史記》巻一百五 列伝第四十五 扁鵲 倉公(司馬遷)。私はこの伝記を読む毎に,扁鵲の才能の優秀さに痛く感銘を受けた(慨然、慨歎しなかった)。
 今の士(文武を修める人、社会人)は皆医薬に心を注がない。本来であれば医術を究め、上は君主や親族の病を治療し、下は貧しい人々や身分の低い人々を厄病から救う中で,自身を保って長命を全うすべきであるのに,,,奇怪である。
 専ら栄華えいがや権勢を互いに競って逐いまわし,権豪をうらやんで休むことなくきゅう々として働き,ただ名利を得ようと務めている。そのまつ勿体もったいらしく飾り,そのほんないがしろにし,その外を華やかに飾りつつその内をやつらせている。皮が無いのに毛の附くことを望むようなものではなかろうか?(主客本末転倒である。)
A前兆もなく突然病邪にって非常の疾病を患い,病患や病禍が我が身に及ぶとそれを恐れて打ち震え,志を失って今までの高節を棚に上げ,みこや神主に懇願し,天を仰いで“どうかお救い下さい”と窮苦を告げる。そして為す術もなく諦めて死を待つ。
 人は百歳の寿命を授かり,身は貴く重いうつわであるのに,凡等な医者にゆだねてぞんざいに扱われる。咄嗟嗚呼ああ!その身はしかばねとなり、精神は消え、変わり果てた異物となって黄泉よみの国へと潜り込む。そして一族の者が集まり寄って泣き叫ぶ。なんと痛ましいことか!
 世間は昏迷し,人は身の程を悟らず、その命を惜しまず、軽率に生きることの何処に栄華権勢があると言えるのか?しかも進んで人を愛し、人を知ることができず,引いては自身を愛し己を知ることもできない。災禍さいかに遭っても自身が危険な場所に居ても蒙昧もうまいで,魂の抜け殻のようになっている。なんと哀れなことか!
 世間の士(同上)は上辺だけを華やかにしようと競って駆け求め,根本たるものを固めようとしない。身体の大切さを忘れて物欲に目が眩み,氷が薄く張った谷間を渡るような危険な行いをしてきた結果がこれだ!
B私の一族は元々多く居て二百余りであったが,建安の元年から十年も経たない間に死亡する者が三分の二にも達した。その七割は傷寒病(伝染性の大病)を患った。昔,その病で死にゆく者が多かったことや,まだまだ生きられるはずの若い命を救うことができなかったことを嘆き,古人のおしえを勤めて求め,諸々の薬方を採って衆め,《素問》、《九巻》、《八十一難》、《陰陽大論》、《胎臚薬録》,並びに《平脈辨証》等を参考に撰用し,《傷寒卒病論》を書きあらわした。これはまだ諸病の全てをいやす(治す)には満たないが,少なくとも病を観察して病源を知ることができるであろう。もし私が集めたところを尋求じんきゅうすれば,大半は(その治療法が)得られるであろう。
C天は五行(木・火・土・金・水)を布して万物を運化させて生じ,人は五常(仁・義・礼・智・信)の気を(天から)受け,それらが形を成して五臟となる。経絡(気血運行の通路)と府兪(気血集散の関門)とを通じて陰陽の気は会合、通達して人は生命を保っているが,陰陽の変化は微妙で知り難く,秀でた才能と精妙な知識を有する者でなければその道理を開くことはできないのである!上古には神農、黄帝、岐伯、伯高、雷公、小兪、小師、仲文など(の名医)があり,中世には長桑、扁鵲があり,漢には公乗(官位の一つ)であった陽慶と倉公がある。だがそれ以降の名医は知らない。今の医者を観ると,医経の趣旨を思い求めずに知ったかぶりで演説し,各々家伝の医術を受け継いで始終同じ治療を繰り返している。疾病の診察をいい加減に省略したり,口先だけで言いくるめ,病人と体面したら短時間ですぐに簡便な薬を処方する。脈を診るのもぞんざいで,寸脈は診ても尺脈までは診ず,手の脈は診ても足の脈は診ない。また人迎じんげいの脈、趺陽ふようの脈、三部の脈をそれぞれ参照することもない。脈拍が五十にも満たない短い時間の切脈(脈を診ること)であるため,九候のような髣髴ほうふつとして,よく似た紛らわしい脈をはっきりと診ようとしない。顔色もよく望診せず,針穴から天を覗くように自分の狭い知識や了見で広い処を見るのであるから,その診断が正確でないのは当然である。生死を見極めるのは実に難しいことである。
D孔子の言葉に「生まれながらにして,さほど学ばずにこれを知る者は上であり,学んで多聞博識となるは知の次である」とある。私は医術を志す者であるから,どうかこの言葉を心に留めていただきたい。

漢長沙守南陽張機著
訳編:森永忠夫
参考:『臨床應用 傷寒論解説』(大塚敬節著)

 C或いはC及びDは,後世で書き加えられたとされています。

 ここに出てくる建安という元号は,今からおよそ1800年も前だそうです(建安元年はAD196年)。現代に至って世間の色や形は大きく変化しましたが,そのバランスたるや何も変わってはいないようですね(“人の世の常”ということです)。

 どのような人生を歩むかは,全く以てその人次第ですが,最低でも名利に囚われることなく志を失わずにいたいものです。

 現在は治療を手掛けたり,いつ完成するのかも分からない著書を編集中のため,なかなか時間がとれませんが,今後もし機会が有りましたら更に追加したいと考えております。


Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
 ホームへ戻る