当店は漢方専門の薬局です。昭和二十九年創業,一般薬局として営業を続け,昭和四十五年に漢方医学の研究と漢方薬の取り扱いを開始し,以来高度な漢方専門薬局を目指して現在に至りました。この間に身につけた専門知識と経験はまさに何ものにも代え難い貴重な宝物といっても過言ではありません。長年の研究と努力の甲斐あって,現在では非常に多くの病気に対して自信を持って治療に取り組むことができ,改善・治癒に至った病例もすでに相当な数に達しているものと思われます。治療相談には漢方専門の薬剤師が応じます。今後も漢方の研究を続け,皆様の健康維持快復のお役に立てますよう努めたいと思っております。


当店の名称
株式会社 森永漢方薬局
所在地住所および交通等
札幌市豊平区豊平3条7丁目2−19
(国道36号線沿い、
中央バス「豊平3条8丁目」停留所前)
《ご来店ご利用バス(北海道中央バス)》
61・64・72・74・75・80・83・85・86・88・96
営業時間および定休日
 営業時間 午前10:00〜午後7:00
 定休日 毎週日曜日、及び祝祭日
お問い合わせ
 ご来店前のご質問や、当店でご購入された医薬品等について

※お電話でのお問い合わせは上記の営業時間内にお願い致します
薬事法に基づく特定販売の掲示事項
 こちらをご覧下さい
↓ 拡 大 ↓

漢方を専門に学んだ薬剤師が治療相談に応じます
 森永忠夫
 薬剤師。(株)森永漢方薬局・代表取締役。二代目薬剤師(当社三代目)。
 平成四年九月に中医学(中国伝統医学)の研修を目的に中国へ留学。南京中医薬大学(旧南京中医学院)にて基礎を学んだ後,恩師“黄煌”教授に付き,臨床治療の指導を受ける。黄煌先生に出会えたことにより,改めて日本漢方(中国で生まれ日本で育った古典医学)の大切さを認識する。
 平成七年八月に帰国し,家業の(株)森永漢方薬局の経営に就く。
 平成九年二月に出版された“黄煌”先生の著書《KAMPO十大類方》の作成に関与。
 その後も,数ある流派の中から江戸時代の名医であられた“吉益東洞”の疾医学を主柱として位置付け,他の流派や中医学の良い部分でその不足を補いながら研究に勤しむ。

 漢方医学は奥が深く,その運用には高度な専門知識と技術,そして経験が必要です。漢方薬は安全性に優れ,治療効果も確かで,とくに慢性化した病気には最も適した治療薬と言えます。

Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
 ホームへ戻る