気管支喘息

■ 気管支喘息の漢方治療

 漢方医学には「肺は呼吸を司る」という理論があります。「気管支ゼンソク」は申し上げるまでもなく呼吸異常を主とする疾病であり,発病は肺の機能異常と密接な関係があります。主な症状は,激しい咳・痰(たん)・呼吸困難などです。重症になりますと呼吸困難のために生命にも危険が及びます。
 痰については,非常に多く出るものから全く出ないものまで様々です。痰の多く出るものを「肺の痰湿証」と言い,全く出ないものあるいはわずかに気管にこびりついて出にくいものを「肺陰虚証」と言います。ときには両方の症状が同時にあらわれるケースもあります。
 気管支ゼンソクも鼻の病気と同様に,治療は肺の調整を主体に行います。発作時は激しい症状をおさえることを主体にし,安定時は根本治療を目標に治療を行います。
 痰が出るゼンソクの場合は,その根本原因は脾臓にあります。このケースでのゼンソクにはたいてい胃腸症状(胃腸がもともと弱い・胃がもたれるなど)が伴っているものです。痰が薄く水っぽいものを寒証といい,痰が黄色を帯びているものを熱証と呼んでいます。それぞれ治療薬が異なります。
 また,痰がからまないあるいはこびり着いてなかなか切れにくいという症状は,肺の中の潤いが不足した場合に現れる症状でして,これには一般に口渇・便秘などの症状が伴います。
 また,漢方医学には「腎は吸気を司る」という理論があります。これは,呼吸困難などで,空気を吸い込むときに思うように空気が入らず非常に息苦しく感じる症状でして,この症状は一般に高齢者に多く見られ,腎臓の働きの弱った(これを腎虚といいます)人に現れます。
 特に“秋”に悪化しやすいケースが多いですが,原因によっては季節に関係なく発作が現れますので注意が肝要です。

呼吸器疾患」中の以下の記事でも詳しく述べておりますので併せてご覧ください。
●「喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)
●「小児の気管支ぜんそく
●「高齢者の気管支ぜんそく
●「成人の気管支ぜんそく

 「漢方治療フォーム」を開く 

Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
 ホームへ戻る