皮膚病
慢性化した皮膚病は
漢方薬の方が効果的です!

 皮膚病は症状が体表面に現れる病気ですが,その原因は多くは体の内部に存在します。漢方医学では,皮膚病は外界から侵入する外邪(例えば,風・熱・湿・燥など)と体内に発生する内邪(例えば,内湿・内熱・内燥など)が原因になっていると考えています。この考え方は,急性・慢性,あるいはアレルギー性か否かは関係ありません。漢方治療では,これらの病邪の中のどの病邪が関与しているかを症状特徴から判断することが重要となります。また発病には体質も影響しますので,必ず全身的な視野で病情を把握しなければなりません。また,治療では患者の体質や症状特徴に基づいて的確に治療薬を使い分けしなければなりません。例えば,分泌物のあるもの、乾燥性のもの、全身性のもの、局所性のもの,あるいは患部が隆起しているか否か,あるいは赤く熱をもっているか否か,あるいは発症部位の違い、合併症の有無などによって薬の配合を変えなければなりません。これはつまり,病状の個人差を重視するということです。病状を詳しくお知らせ下さい。

● アトピー性皮膚炎

 「アトピー性皮膚炎」とは,皮膚病の中でも特にアレルギーによって引き起こされる湿疹に対して名付けられたものです。アレルギーというのは,一言でいえばある特定の物質(アレルゲン)に対する過敏反応のことです。「アレルギー性皮膚炎」の症状には個人差があります。一般的な特徴としては,カユミがある・患部が盛り上がる・赤くなって熱感がある・分泌物があってジクジクする・乾燥してカサカサする・掻くと粉をふくようになる・掻くとツユが出る,などがあります。
 乳児期や小児期での発症が大変多く見られ,さらにその後に落ち着いてしまうものと,大人まで持ち越すケースもあります。また,幼児期に現れなくても,さらに成長した段階あるいは青年期・壮年期・老年期にも発現することは少なくありません。
 現代医学における治療では,その人のアレルゲンを確認し,それを注射してこれに対する過敏性を取り除くという方法(減感作療法)をよく用います。しかし,この方法は長期にわたる通院治療と根気が必要ですし,多種のアレルゲンを持つケースでは効果が不充分であるなどの問題を抱えています。また食物アレルゲンがある場合に,それを一定期間摂取しないようにして,その食物に対する過敏性を取り除くという方法(一種の食事療法)もありますが,多種の食物アレルゲンがある人にとっては実行が困難です。そのほか,ステロイド(副腎皮質ホルモン)軟膏を塗ったり,抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用する方法もありますが,いずれも効果が一時的であり,副作用の心配もあります。この点,漢方療法では,現代医学とは全く異なった観点から「アトピー性皮膚炎」をとらえており,症状を改善するだけでなく,低下した内蔵の機能を回復させ,乱れた体質バランスを改善して治療します。
 「アトピー性皮膚炎」は大きく分けて乾燥性のものと湿潤性のものがあります。前者は空気が乾燥する秋から冬にかけて発症しやすく悪化しやすい傾向があり,後者の場合は暑熱の盛んな夏季に発症しやすく悪化しやすい傾向が見られます。
 皮膚病の中でもとくに難治性の病症として挙げられるこの「アトピー性皮膚炎」は,症状は皮膚面に現れますが,その原因は体内に存在します。そのため,根本治療には体内に存在する原因を取り除く必要があります。原因については,漢方医学的には,そのほとんどの病症が“風湿熱証(ふうしつねつしょう)、血虚風燥証(けっきょふうそうしょう)”と称される病症に属すものと理論づけられています。また,症状には個人差があり,治療ではその個人差を充分に考慮して進める必要があります。治療では患者の体質や症状特徴に基づいて的確に治療薬を使い分けしなければなりません。それは例えば,“分泌物の有無はどうか、乾燥性のものか分泌物があるか、全身性のものか局所性のものか,あるいは患部が隆起しているか否か,あるいは赤く熱をもっているか否か,あるいは発症部位の違い”などによって薬の配合を変えなければならないということです。重要なことは,「アトピー性皮膚炎」という病名を治療するのではなく,症状を改善するということです。本病は体質性の疾病であり,発症や症状の軽重は生活習慣が大きく災いしている部分もありますので,単なる“ゆみ止め”の内服薬や軟膏剤を用いるといった単純な対症療法だけでは改善はまず無理といえます。また,病人によっては,“アレルギー性気管支喘息”や“アレルギー性鼻炎”などを併発していたり,胃腸病も見られるなどのケースもありますので,このような合併症を考慮した全身的・根本的な治療が必要となります。治療には少々時間がかかりますし,辛抱強く続ける必要があります。また,治療にはやはり副作用の少ない漢方療法が向いていると思います。“副腎皮質ホルモン剤”や“抗ヒスタミン剤”などによる対象療法を長期間続けることには副作用などの弊害が大きな問題となります。その点漢方薬は長期服用しても副作用が少なく安全で,しかも効果の確かな治療薬といえます。
 「アトピー性皮膚炎」の治療に関しては,私共では沢山の症例を経験しておりまして,私共の得意な分野でもあります。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● にきび・吹き出物

 本病の原因は胃・肺・肝などの内臓の機能異常と深い関係があります。すなわち,漢方医学でいうところの「胃熱(いねつ)、肺熱(はいねつ)、肝胆湿熱(かんたんしつねつ)、肝鬱火化(かんうつかか)」などの病症と深い関連性があということです。さらにまた,「風熱(ふうねつ)、便秘(べんぴ)」などの病症とも関連性があり,これらはまた本病を悪化させる要因にもなります。女性の場合は,月経と深く関係しているものもあります。月経が近づくとニキビが多くできたり,症状がひどく悪化したするというものがそれです。また,「ニキビ・吹き出物」をよく起こす人は,毎日の食生活に改善すべき点があります。日頃は便秘を起こさないよう心がけ,油っこい食品、チョコレート類、ピーナッツ、濃いお茶、コーヒー、チーズ、バター、アルコール類、トウガラシ料理などの食品をできるだけ控えるようにし,水分の摂りすぎにも注意し,菜食中心の食事を心掛けましょう。便秘はとくに禁物です。このように「ニキピ、吹き出物」は,炎症は皮膚面に現れますが,その原因は体内に存在しますので,根本治療には体内に潜んでいるこれらの原因を取り除かなければなりません。西洋医学による治療では,主に抗生物質(化膿止め)やホルモン剤を使用することが多いようですが,これによって一時的に改善が見られましても,治療を止めるとまたすぐもとに戻ってしまいます。そればかりか,これらの合成薬物は長期連用による副作用が心配になります。この点,漢方治療は効果に優れ,副作用の心配もなく,理想的な治療薬ということが言えましょう。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 頭皮・顔面の湿疹

 頭皮や顔面の皮膚病で乾燥あるいは湿潤を呈し,カユミが強く,慢性化し,治療を続けているがなかなか改善を見ないというケースが多々あります。長期にわたって患部に対する対症療法だけを続けている場合によく見られる現象です。その様な場合はもっと内面の改善が必要ですし,生活面のチェックも必要です。皮膚病は皮膚表面に炎症が現れる病症ですが,とくに慢性化したものは内臓との関連性も考慮し,全身的な視野で病気を捉えて治療を進めなければなりません。とくに食生活面のチェックは非常に重要です。また,全身状態や患部の状態によって,例えば患部が赤くなっているか,分泌物があるか,乾燥しているか,胃腸の具合はどうか,便の状態はどうか(軟便・下痢か便秘かなど),舌の苔の状態はどうか,など詳しく観察して治療法を判断しなければなりません。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 蕁麻疹(ジンマシン)

 本病には急性のものと慢性のものがあります。しょっちゅう発病するものは体内に潜む原因を考慮する必要があります。本病の発生にはとくに飲食面との関連性が考えられます。温熱ジンマシン、寒冷ジンマシン、食物性ジンマシン、ストレス性ジンマシンなど多くの種類があります。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 花粉症(花粉アレルギー)

 春は,自然界の動植物が眠りから覚めてその活動が活発になる季節です。また,この時期は冬から夏へ移行する時期でもあり,気候が不安定で,とくに風が比較的強く吹き荒れる傾向があります。そのため,とくに呼吸器や皮膚・粘膜の弱い人はその影響を強く受けるようになります。また,風は色々なものを運んできますが,ここでお話しする「花粉」はその代表的なものといえるでしょう。現在日本において本病で悩んでいる人は膨大な数に上るといわれています。
 風によって運ばれてきた花粉の粒子が,人の皮膚や粘膜に付着しますと,これに過敏な人はすぐにアレルギー反応を起こします。鼻の粘膜に付着しますと,“激しいクシャミ・鼻水・鼻づまり”などが現れますし,目の粘膜に付着しますと,“涙が激しく出てまぶたが赤く腫れ上がり,目が赤く充血して激しいカユミ”に襲われます。“アレルギー性鼻炎”ですと,単に鼻炎の症状だけですみますが,“花粉症”の場合は,鼻炎の症状だけでなく,目にも症状が現れ,目の粘膜に炎症を起こして,上述のような辛い症状を併発します。「花粉症」と「鼻炎」の違いはここにあると言って良いでしょう。
 漢方医学には,「皮膚は肺に属す」、「肺は鼻に開竅する」、「肺気は鼻に通じる」などの理論があります。これはみな肺と鼻・皮膚(粘膜)が密接な関係にあることを説いているものです。つまり,鼻や皮膚・粘膜にトラブルが発生しやすいのは,その原因が肺にあり,また肺の弱い人は鼻や皮膚・粘膜も弱くて,つねにトラブルを起こしやすいという訳です。
 「花粉アレルギー」で出現する症状は人によって様々です。軽いものは軽度の目のカユミとクシャミ・鼻水だけですみますが,重症になりますと目が真っ赤に充血してショボショボし,まぶたが赤く腫れて水疱などができ,激しい炎症を起こして強いカユミを発し,クシャミ・鼻水・鼻づまりも激しくなります。また,中には他のアレルギー性疾患,例えば「アレルギー性気管支喘息」や「アトピー性皮膚炎」などを併発しているケースもありますので,治療に当たっては,これらのことも考慮した治療法を考えなければなりません。また,花粉症を発する方は,発作時は“涙目”や“鼻水”の症状が現れやすくなりますので,日頃は“水分を多く含む食品の摂りすぎ”には充分な注意が肝要となります。
 漢方治療の特徴は,すべての病気に対して症状特徴や体質の違いによって薬を使い分けるという点にあります。これは「花粉アレルギー」の治療でも全く同じです。治療に当たって何より大切なことは,各人の病状に最も適した処方を選ぶということです。
 漢方治療では,どの植物の花粉が原因になっているかということはほとんど重視しません。あくまでもそこに発現する病状に基づいて治療薬を決定するという方法になります。ですから,同じ「花粉症」でも人によっては用いる漢方薬が異なります。
 「花粉アレルギー」は漢方薬で充分に改善できます。お悩みの方,どうぞ当店の漢方治療をお試し下さい。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 陰部掻痒症と陰嚢湿疹

 陰部掻痒は女性に,また陰嚢湿疹は男性に,それぞれ発生する皮膚病ですが,原因はどちらも同じです。漢方医学でいうところの「下焦湿熱証(げしょうしつねつしょう)」とか「湿熱下注証(しつねつげちゅうしょう)」といわれる病症に属します。原因は体内に停滞した湿邪と熱邪が結合して炎症を引き起こすことにあり,一般に患部は湿っていて赤くなり,分泌物があってカユミを発し,女性の場合は多くは黄色の分泌物(おりもの)が伴い,時には生臭い悪臭を発し,カユミも激しく,時にはヒリヒリした痛みを伴った形で現れることもあります。そのほか,中にはカンジダ症やトリコモナス症を併発しているケースもあります。男性の場合は,陰茎の先の部分に湿疹を併発するものもあります。
 現代医学の治療では,患部の洗浄や軟膏を使用する方法を用いますが,一時的には効果はありますが,時間が経ちますとまた再発します。根本治療には,漢方医学的な考えによる治療の方がはるかに効果的です。それは原因を取り除く治療だからです。原因は体内に潜んでいる「湿」と「熱」です。治療の重点はここにあります。この病症は,一種の生活習慣病ですから,生活面(とくに飲食面)のチェックも重要になります。
 「陰部掻痒症」も「陰嚢湿疹」も漢方薬で十分に治療できます。ご相談下さい。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 帯状疱疹(帯状ヘルペス)

 漢方医学で少陽胆経や少陽三焦経と言われる部位,すなわち脇腹部や腕の部位に発生しやすい症状です。ヘルペスウイルスによって皮膚に水疱や膿疱のできる病気で,激しい痛みを発します。体内に停滞した湿邪と熱邪が結合して形成される「肝胆湿熱証(かんたんしつねつしょう)」という病症です。発病時はトウガラシ・アルコール類・脂っこい物をできるだけ避けるようにしなければなりません。後遺症として肋間神経痛などを起こすケースもあります。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 肛門のカユミ(かゆ痔・肛門周囲炎)

 肛門のカユミは,痔疾の一種である「肛門周囲炎」を起こしたときに発する症状です。カユミの激しいときはじっと落ち着いて坐っていることもできないくらいになります。乾燥性と湿潤性の違いがあります。また,男性の場合は“陰嚢湿疹”を,女性の場合は“陰部掻痒”や“黄色のおりもの”を併発しているケースもあります。
 この症状は,体内に停滞する「水湿」と「熱」の結合によって形成されるものでして,「湿熱証」と呼ばれる病症に属します。そして,この“湿熱”が肛門周囲の皮膚粘膜に流注し,そこに炎症をもたらしてカユミを発生させるという訳です。この症状をお持ちの方は,日頃は便秘に注意し,油っこい食品・濃いお茶・コーヒー・アルコール類・トウガラシ料理などをできるだけ避け,菜食中心の食事に心掛け,食物繊維を多く含んだ食品を積極的に摂るようにしましょう。治療は一般には皮膚病の場合と同じ考え方ですすめます。たいてのものは治りますので,お悩みの方は思い切ってご相談下さい。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 寒冷蕁麻疹(ジンマシン)

 冷たい風に当たったとき、冷たい水に触れたときなどに発する皮膚湿疹のことです。患部には発赤がなく,ただカユミだけがあるというのが特徴です。漢方医学ではこれを「風寒湿疹(ふうかんしっしん)」と呼んでいます。また,中には掻くと幾分発赤が現れるというものもありますが,この場合は処方を少し変える必要があります。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 老人性皮膚掻痒症

 高齢者で普段から皮膚が乾燥する人に現れやすい症状です。一見して皮膚面に発疹などは見られないのですが,体が温まると突然カユミを発し,一度掻き出すとカユミは一層激しくなり,皮膚面は粉がふいたように白くなり,時には血が出るまで掻きむしってしまいます。カユミ止めの軟膏や内服薬ではなかなか治りません。治療効果は,化学薬品より漢方薬のほうがはるかに優れています。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● しもやけ

 本病は,一般に冷え症で手足の血液循環の悪い人に現れやすい症状です。中には重症のものもありますので,病状に適合した漢方薬を使用しなければなりません。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 皮膚湿疹(アトピー性皮膚炎を除く)

 ここでは特に慢性化した皮膚湿疹についてお話ししましょう。皮膚病については,漢方医学ではこれを「風湿熱証」と呼んでいます。これはすなわち,風・湿・熱という3種類の原因が関与して発するという意味です。
 ○「風」が原因の皮膚病は,身体の主に上部あるいは広範囲に発します。
 ○「湿」が原因の皮膚病は,身体の主に下部に発します。分泌物があります。
 ○「熱」が原因の皮膚病は,身体の主に上部に発します。患部が赤くなります。
 ○「湿熱」が原因の皮膚病は,全身に発生します。患部が赤くなって分泌物を伴います。
 皮膚病は,患部が皮膚面に存在しますが,慢性化したものは体の内部にも原因が潜んでいますので,その点を考えて治療しませんと,満足のいく効果を得ることはできません。
 その他,身体のある一定の箇所だけに炎症を発するという皮膚病もあり,この場合は内臓との関係を考慮する必要があります。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 皮膚の知覚異常(シビレ感など)

 シビレの症状は一般に血液循環障害によって発生しますが,この症状は痛みの症状の一段階軽い病状と捉えたほうが良いと思います。実際に,最初はシビレ感が強かったものが,その後次第に痛みに変化したというケースがあるからです。時にはシビレ感が麻痺症状に変わったという例もあります。いずれの場合も,できるだけ早く治療すべきでしょう。

 「漢方治療フォーム」を開く 

● 脂漏性湿疹

 頭皮や顔面などの皮脂の分泌が盛んな場所に現れる皮膚病です。患部は赤くなり,表面の皮膚がはがれたようになり,頭皮の場合はフケが多く現れます。乾燥傾向のはっきりしているものと炎症傾向が強く見られるものがあります。また,これらの病状が混在するものも見られます。治療では,患部の症状特徴や全身状態を念頭において処方を考えなければなりません。漢方薬で充分に治療できますので,どうぞ私共にご相談下さい。

 「漢方治療フォーム」を開く 

Copyright© Morinaga-Kanpou Pharmacy Co.,Ltd. All rights reserved.
 ホームへ戻る